ChatGPTの使い方に迷ったら!プロンプトの基本と例を紹介

man in gray crew neck t-shirt and black pants standing near black wooden table ChatGPTの活用
この記事は約17分で読めます。

プロンプトを作成する際には、どのようなポイントに注意すべきでしょうか?

本記事では、プロンプト作成のポイントについて解説します。プロンプト作成において重要な要素を理解し、正確かつ効果的なプロンプトの作成に役立ててください。
また、本記事では実践的なガイドも提供していますので、実際に手を動かしながらプロンプト作成のスキルを向上させたい方にもおすすめです。

プロンプトの基礎については下記で解説しております。合わせてご覧下さい。

スポンサーリンク

1. 明確で具体的な質問をする

プロンプト作成において最も重要なポイントの1つは、明確で具体的な質問をすることです。
ChatGPTは、入力されたテキストに基づいて次の言葉や文章を生成するため、質問が明確で具体的であれば、より正確な回答が生成されやすくなります。

1.1 具体的なキーワードを使う

具体的なキーワードを使うことで、ChatGPTが生成する回答もより具体的なものになります。
たとえば、「食べ物の種類について教えてください」という質問よりも、「イタリア料理の種類について教えてください」という質問のほうが、ChatGPTが生成する回答も具体的になりやすいでしょう。

具体的な例を以下に示します。

例1:
質問:「ロンドンでオススメのレストランはありますか?」

不適切なプロンプト:「ロンドンのレストランについて教えてください。」
適切なプロンプト:「ロンドンでイタリアン料理が美味しいレストランはありますか?」
具体的なキーワード:ロンドン、イタリアン料理、レストラン
適切なプロンプトの例では、質問に具体的なキーワードを含めています。これにより、ChatGPTが適切な回答を生成しやすくなります。

例2:
質問:「カリフォルニア旅行のホテル予約をしたいのですが、おすすめはありますか?」
不適切なプロンプト:「ホテル予約について教えてください。」
適切なプロンプト:「カリフォルニアのビーチに近いホテルで、ファミリー向けのおすすめはありますか?」
具体的なキーワード:カリフォルニア、ビーチ、ホテル、ファミリー向け、おすすめ
適切なプロンプトの例では、質問に具体的なキーワードを含めています。これにより、ChatGPTが適切な回答を生成しやすくなります。

上記のように、プロンプトに具体的なキーワードを含めることで、ChatGPTがプロンプトの意図を正確に理解し、適切な回答を生成しやすくなります。

1.2 短く明確な文章を作る

ChatGPTは、複雑な文章よりも簡潔な文章のほうが扱いやすいです。
そのため、質問文も短く明確な文章にすることが大切です。冗長な表現や曖昧な言い回しは避け、質問の要点を簡潔にまとめましょう。

具体的な例を以下に示します。

例1:
質問:「明日の天気を教えてください。」
改善前:「私たちが住んでいる地域で明日はどんな天気になるのか教えてください。」
改善後:「明日の天気は?」
改善内容:簡潔で明確な表現に変更することで、プロンプトの意図をより明確にし、ChatGPTがより適切な回答を生成することができるようになります。

例2:
質問:「オンラインストアで利用できるクーポンはありますか?」
改善前:「オンラインストアで利用可能な割引クーポンやキャンペーンなどがあれば、教えていただけますか?」
改善後:「オンラインストアで利用できるクーポンはありますか?」
改善内容:冗長な表現を省き、簡潔な表現にすることで、プロンプトの意図を明確にし、ChatGPTが適切な回答を生成しやすくすることができます。

上記のように、簡潔で明確な表現にすることで、プロンプトの意図をより明確にし、ChatGPTがより適切な回答を生成することができるようになります。

プロンプトは、ChatGPTを効果的に活用するための鍵となります。
プロンプトは、ChatGPTを効果的に活用するための鍵となります。

1.3 質問の目的を明確にする

質問をする目的を明確にすることで、ChatGPTが生成する回答もより適切なものになります。
たとえば、「この商品はどのような特徴がありますか?」という質問よりも、「この商品の利点と欠点を教えてください」という質問のほうが、回答もより的確なものになります。

明確で具体的な質問をすることは、プロンプト作成において非常に重要なポイントです。具体的なキーワードを使い、短く明確な文章を作り、質問の目的を明確にすることで、より正確な回答を得ることができます。

具体的な例を以下に示します。

例1:
質問:「日本語を勉強したいのですが、どの教材がオススメですか?」
不適切なプロンプト:「日本語教材について教えてください。」
適切なプロンプト:「初めて日本語を勉強する人におすすめの教材はありますか?」
質問の目的:日本語を勉強するためのおすすめの教材を知りたい。
適切なプロンプトでは、質問の目的を明確にし、ChatGPTがより適切な回答を生成しやすくなります。

例2:
質問:「健康的な食生活を送りたいのですが、どのような食事がオススメですか?」
不適切なプロンプト:「食事について教えてください。」
適切なプロンプト:「健康的な食生活のために、食べるべき野菜や果物、栄養素について教えてください。」
質問の目的:健康的な食生活を送るための食事の選び方や栄養素について知りたい。
適切なプロンプトでは、質問の目的を明確にし、ChatGPTがより適切な回答を生成しやすくなります。

上記のように、質問の目的を明確にすることで、ChatGPTがプロンプトの意図を正確に理解し、適切な回答を生成しやすくなります。プロンプトに質問の目的を含めることで、ChatGPTがより適切な回答を生成することができます。

スポンサーリンク

2. コンテキストの提供

プロンプト作成において、もう一つ重要なポイントは、コンテキストの提供です。
ChatGPTは、入力されたテキストを元にして回答を生成するため、適切なコンテキストが提供されなければ、正確な回答を生成することができません。具体的には、以下の点に注意が必要です。

ChatGPTがどのようにしてプロンプトを理解しているのか?についは以下の記事が詳しいです。

2.1 質問の背景や目的を明確にする

質問の背景や目的を明確にすることで、ChatGPTに必要な情報が提供されます。
たとえば、「この商品を購入する前に知っておくべきことを教えてください」という質問の場合、どのような情報が必要なのかを明確にすることが重要です。

具体的な例を以下に示します。

例1:
質問:「最近、イタリア旅行を計画しているのですが、おすすめの観光スポットはありますか?」
不適切なプロンプト:「イタリアの観光スポットについて教えてください。」
適切なプロンプト:「ローマやフィレンツェなど、イタリア旅行で訪れたい観光スポットについて教えてください。」
質問の背景:イタリア旅行を計画している。
質問の目的:イタリア旅行で訪れたい観光スポットを知りたい。
適切なプロンプトでは、質問の背景や目的を明確にし、ChatGPTがより適切な回答を生成しやすくなります。

例2:
質問:「デザインに興味があるのですが、オススメの本や講座はありますか?」
不適切なプロンプト:「デザインについて教えてください。」
適切なプロンプト:「グラフィックデザインについて学びたい初心者向けの本や講座について教えてください。」
質問の背景:デザインに興味がある。
質問の目的:グラフィックデザインを学ぶための初心者向けの本や講座を知りたい。
適切なプロンプトでは、質問の背景や目的を明確にし、ChatGPTがより適切な回答を生成しやすくなります。

上記のように、質問の背景や目的を明確にすることで、ChatGPTがプロンプトの意図を正確に理解し、適切な回答を生成しやすくなります。プロンプトに質問の背景や目的を含めることで、ChatGPTがより適切な回答を生成することができます。

2.2 関連する情報を提供する

質問に関連する情報を提供することで、ChatGPTが正確な回答を生成することができます。
たとえば、「この都市の観光スポットについて教えてください」という質問の場合、その都市の歴史や文化、気候などの情報を提供することで、ChatGPTがより適切な回答を生成することができます。

具体的な例を以下に示します。

例1:
不適切なプロンプト:「東京観光について教えてください。」
適切なプロンプト:「東京観光について教えてください。特に、人気の観光スポットや美術館、レストラン、ショッピングなどについて知りたいです。」
適切なプロンプトでは、東京観光に関連する具体的な情報が含まれており、ChatGPTが回答を生成する際に、より適切な情報を提供できるようになります。

例2:
不適切なプロンプト:「料理の作り方を教えてください。」
適切なプロンプト:「料理の作り方を教えてください。特に、野菜を使った簡単なレシピや、子供が喜ぶようなお菓子の作り方について知りたいです。」
適切なプロンプトでは、料理の作り方に関連する具体的な情報が含まれており、ChatGPTが回答を生成する際に、より適切な情報を提供できるようになります。

上記のように、関連する情報を提供することで、ChatGPTが回答を生成する際に、より適切な情報を提供できるようになります。プロンプトに関連する情報を含めることで、ChatGPTがより効果的な回答を生成し、ユーザーがよりスムーズに情報を得ることができます。

プロンプトに質問の背景や目的を明確に書く事で、より正確な回答を生成させる事ができます。
プロンプトに質問の背景や目的を明確に書く事で、より正確な回答を生成させる事ができます。

2.3 適切な文脈を提供する

質問に対する適切な文脈を提供することで、ChatGPTが正確な回答を生成することができます。
たとえば、「この映画の評価を教えてください」という質問の場合、その映画のジャンルや監督、出演者などの情報を提供することで、ChatGPTがより適切な回答を生成することができます。

コンテキストの提供は、プロンプト作成において非常に重要なポイントです。質問の背景や目的、関連する情報、適切な文脈を提供することで、ChatGPTが正確な回答を生成することができます。

具体的な例を以下に示します。

例1:
質問:「ビールとワイン、どちらが健康に良いですか?」
不適切なプロンプト:「ビールとワインの違いを教えてください。」
適切なプロンプト:「ビールとワインに含まれるアルコールの健康効果について教えてください。」
適切な文脈:プロンプトにビールとワインに含まれるアルコールの健康効果についての文脈を提供することで、ChatGPTがより正確な回答を生成しやすくなります。

例2:
質問:「新型コロナウイルスの予防方法は何ですか?」
不適切なプロンプト:「ウイルスの種類について教えてください。」
適切なプロンプト:「新型コロナウイルスの予防方法について教えてください。」
適切な文脈:プロンプトに新型コロナウイルスの予防方法についての文脈を提供することで、ChatGPTがより適切な回答を生成しやすくなります。

上記のように、適切な文脈を提供することで、ChatGPTがより正確な回答を生成しやすくなります。プロンプトに適切な文脈を含めることで、ChatGPTがプロンプトの意図を正確に理解し、より適切な回答を生成することができます。

スポンサーリンク

3. 文法や表現に注意する

プロンプト作成において、文法や表現に注意することも重要なポイントの1つです。
ChatGPTは、入力されたテキストを元にして回答を生成するため、正確な文法や適切な表現を使うことが必要です。具体的には、以下の点に注意が必要です。

表現の一例として、「ChatGPTを使った料理レシピ」の記事も参考になるかも知れません。

3.1 簡潔かつ明確な表現を使う

ChatGPTは、複雑な文章や表現よりも簡潔で明確な表現の方が適切な回答を生成しやすくなります。
そのため、プロンプト作成においても、簡潔で明確な表現を使うことが重要です。長い文や冗長な表現は避け、できるだけシンプルな表現を心がけましょう。

具体的な例を以下に示します。

例1:
不適切なプロンプト:「私が今知りたいことは、新しいスマートフォンの購入時に、価格やスペックをどのように比較すれば良いのか、詳しく教えていただけるとありがたいです。」
適切なプロンプト:「スマートフォンの購入時に、価格とスペックの比較方法について教えてください。」
簡潔かつ明確な表現を用いた適切なプロンプトでは、ChatGPTが質問の意図を正確に理解し、適切な回答を生成しやすくなります。

例2:
不適切なプロンプト:「私は今、ビジネス英語の勉強をしているのですが、英語を話すために必要な表現や言い回しについて知りたいです。具体的には、プレゼンテーションやメールのやり取りでよく使われる表現やフレーズについて教えてください。」
適切なプロンプト:「ビジネス英語でプレゼンテーションやメールのやり取りでよく使われる表現やフレーズについて教えてください。」
簡潔かつ明確な表現を用いた適切なプロンプトでは、ChatGPTが質問の意図を正確に理解し、適切な回答を生成しやすくなります。

上記のように、簡潔かつ明確な表現を用いることで、ChatGPTがプロンプトの意図を正確に理解し、適切な回答を生成しやすくなります。プロンプトを簡潔かつ明確にすることで、ChatGPTがより効果的な回答を生成し、ユーザーがよりスムーズに情報を得ることができます。

3.2 正確な文法を使う

プロンプトに使用する文章には、正確な文法を使うことが必要です。
文法が間違っていると、ChatGPTが正確な回答を生成することができません。特に、代名詞や前置詞、冠詞などの小さな誤りが、回答の精度を下げることがあるため、注意が必要です。

具体的な例を以下に示します。

例1:
不適切なプロンプト:「あなたの趣味は何ですか?私はゲームが大好きで、特にRPGをプレイするのが好きです。」
適切なプロンプト:「あなたの趣味は何ですか?私はゲームが大好きで、特にRPGをプレイすることが好きです。」
適切なプロンプトでは、正しい語尾の使い方がされており、語彙も適切に用いられています。

例2:
不適切なプロンプト:「私は昨日、友達と買い物を行いました。彼女は、新しいドレスを買いました。」
適切なプロンプト:「私は昨日、友達と買い物に行きました。彼女は、新しいドレスを買いました。」
適切なプロンプトでは、正しい文法が使われており、意味の誤解を生じることがありません。

上記のように、正確な文法を使うことで、ChatGPTがプロンプトの意図を正確に理解し、適切な回答を生成しやすくなります。また、正確な文法を使うことで、ユーザーが回答を理解しやすくなります。正確な文法の使い方を意識して、適切なプロンプトを作成するようにしましょう。

文法苦手な人が多いと思います(かくいう私も)が、ChatGPTでも文法は必要なようです、、、ChatGPTに「正しい文法。にして下さい」って聞けばダメなのかな?意外といける気がします。
文法苦手な人が多いと思います(かくいう私も)が、ChatGPTでも文法は必要なようです、、、ChatGPTに「正しい文法。にして下さい」って聞けばダメなのかな?意外といける気がします。

3.3 極端な表現を避ける

プロンプトに使用する文章には、極端な表現を避けることが重要です。
極端な表現や偏った表現は、ChatGPTが不適切な回答を生成する原因となります。中立的で客観的な表現を使い、できるだけバイアスのないプロンプトを作成することが大切です。

文法や表現に注意することは、プロンプト作成においても非常に重要なポイントです。簡潔かつ明確な表現を使い、正確な文法を使い、極端な表現を避けることで、ChatGPTが正確な回答を生成することができます。

具体的な例を以下に示します。

例1:
質問:「この製品は完璧ですか?」
改善前:「この製品は全く問題がありません。」
改善後:「この製品には問題が見つかっていません。」
改善内容:「全く問題がない」という極端な表現を避け、現実的な表現に修正することで、プロンプトの意図を明確にし、ChatGPTが適切な回答を生成しやすくなります。

例2:
質問:「あなたは私を本当に理解しているのですか?」
改善前:「あなたは私を完全に理解していると思いますか?」
改善後:「あなたは私を理解してくれていますか?」
改善内容:「完全に理解する」という極端な表現を避け、現実的な表現に修正することで、プロンプトの意図を明確にし、ChatGPTが適切な回答を生成しやすくなります。

上記のように、極端な表現を避けることで、プロンプトの意図をより明確にし、ChatGPTがより適切な回答を生成しやすくなります。極端な表現を使用すると、ChatGPTが誤った回答を生成する可能性があるため、現実的な表現に修正することが重要です。

スポンサーリンク

4. プロンプトの長さと簡潔さ

プロンプト作成において、プロンプトの長さと簡潔さは非常に重要なポイントです。
ChatGPTは、長いプロンプトには対応できますが、短いプロンプトのほうがより正確な回答を生成しやすくなります。具体的には、以下の点に注意が必要です。

ChatGPTからの回答と言う視点で言うと、ChatGPTが嘘をつくことはあるのか?についても下記の記事で解説しているのでご覧いただくと良いかも知れません。

4.1 短く簡潔なプロンプトを作る

プロンプトは短く簡潔なものにすることが大切です。
ChatGPTは、長いプロンプトでも回答を生成できますが、より短く簡潔なプロンプトのほうが、より正確な回答を生成しやすくなります。冗長な表現や余分な説明は避け、質問の要点を明確にまとめましょう。

具体的な例を以下に示します。

例1:
不適切なプロンプト:「私は最近、仕事で忙しくて、時間がないです。何か時間を節約する方法がありますか?」
適切なプロンプト:「忙しいときの時間節約術について教えてください。」
適切なプロンプトでは、必要な情報が簡潔にまとめられており、ChatGPTが回答を生成する際に、より効率的に情報を提供できるようになります。

例2:
不適切なプロンプト:「私は新しいプロジェクトを担当することになりました。どうすれば成功することができますか?」
適切なプロンプト:「新しいプロジェクトの成功のためには何が必要ですか?」
適切なプロンプトでは、必要な情報が簡潔にまとめられており、ChatGPTが回答を生成する際に、より効率的に情報を提供できるようになります。

上記のように、短く簡潔なプロンプトを作成することで、ChatGPTがより効率的に回答を生成することができます。プロンプトに必要な情報が簡潔にまとめられているため、ChatGPTが回答を生成する際に、不要な情報を排除し、より適切な情報を提供することができます。

4.2 複数の質問を避ける

プロンプトに複数の質問を含めると、ChatGPTが正確な回答を生成することが困難になる場合があります。
プロンプトは、1つの質問に焦点を当て、明確で簡潔なものにすることが重要です。複数の質問が必要な場合は、複数のプロンプトを作成することが適切です。

具体的な例を以下に示します。

例1:
不適切なプロンプト:「旅行に行く前に準備しなければならないことは何ですか?また、旅行先でのおすすめの観光スポットを教えてください。」
適切なプロンプト:「旅行に行く前に準備しなければならないことについて教えてください。」または「旅行先でおすすめの観光スポットについて教えてください。」
適切なプロンプトでは、一つの質問に集中し、ChatGPTが回答を生成する際に、より的確な情報を提供できるようになります。

例2:
不適切なプロンプト:「新しい趣味を始めたいと思っています。趣味には何がおすすめですか?また、趣味を始めるために必要なものは何ですか?」
適切なプロンプト:「新しい趣味についてアドバイスをください。」または「趣味を始めるために必要なものについて教えてください。」
適切なプロンプトでは、一つの質問に集中し、ChatGPTが回答を生成する際に、より的確な情報を提供できるようになります。

上記のように、複数の質問を避けることで、ChatGPTがより適切な回答を生成することができます。プロンプトに一つの質問に集中し、必要な情報が明確に伝えられるようにすることで、ChatGPTが回答を生成する際に、より適切な情報を提供することができます。

4.3 キーワードを含める

プロンプトに適切なキーワードを含めることで、ChatGPTがより正確な回答を生成することができます。キーワードを含めることで、プロンプトの意図がより明確になり、ChatGPTが適切な回答を生成しやすくなります。

プロンプトの長さと簡潔さは、プロンプト作成において非常に重要なポイントです。短く簡潔なプロンプトを作り、複数の質問を避け、キーワードを含めることで、ChatGPTがより正確な回答を生成することができます。

具体的な例を以下に示します。

例1:
不適切なプロンプト:「最近、心が落ち込んでいて、何もやる気が起きません。どうすれば気分を改善できますか?」
適切なプロンプト:「心の健康についてアドバイスをください。」または「気分を改善する方法について教えてください。」
適切なプロンプトでは、キーワード「心の健康」や「気分を改善する方法」が含まれており、ChatGPTが回答を生成する際に、より適切な情報を提供することができます。

例2:
不適切なプロンプト:「ハワイに行く予定です。ハワイで何をすればいいですか?」
適切なプロンプト:「ハワイ旅行のおすすめのアクティビティについて教えてください。」または「ハワイで楽しめる観光スポットについて教えてください。」
適切なプロンプトでは、キーワード「ハワイ旅行のおすすめのアクティビティ」や「ハワイで楽しめる観光スポット」が含まれており、ChatGPTが回答を生成する際に、より適切な情報を提供することができます。

上記のように、キーワードを含めることで、ChatGPTがより適切な回答を生成することができます。プロンプトにキーワードを含めることで、ChatGPTが回答を生成する際に、必要な情報に的確にアクセスすることができ、回答の精度が向上することが期待できます。

プロンプトをマスターすれば万能ツールのようにChatGPTから回答が引き出せるようになります。
プロンプトをマスターすれば万能ツールのようにChatGPTから回答が引き出せるようになります。

コメント